ニードル脱毛のメリットとデメリット

ニードル脱毛といえば「痛い」「跡が残る可能性あり」「料金が高い」などデメリットしかないように思えますが、メリットとしては3つあります。まずは脱毛効果が他の脱毛方法よりも非常に高いことでしょう。レーザー脱毛や光脱毛は皮膚にアタッチメントをあてて光エネルギーを照射することにより、毛根を壊す作用がありますが、どうしても直接電流を流すよりは光エネルギーが毛根には届きにくいですし、皮膚の上から毛根を確実に壊そうとすると炎症、腫れ、最悪の場合は火傷を起こしてしまいます。また、レーザー脱毛や光脱毛は約2センチずつ照射していくので、光エネルギーが万遍なく当たるようになっているので、一つの毛根に対して集中して照射しているわけではありません。それに比べニードル脱毛の場合は毛穴に直接電流を流していきます。毛根を確実に壊していくため、強い脱毛効果を発揮することができます。そして2つ目のメリットとして、ニードル脱毛は色素沈着を起こしている肌に照射することができます。レーザー脱毛や光脱毛は黒に反応してしまうので、色素沈着を起こしている肌やバストトップ付近などにも照射することができます。これは毛穴に直接電流を流すニードル脱毛で行うことによって、黒くても照射効果としては変わらないため、色素沈着を起こしてレーザー脱毛や光脱毛を行えない場合はこのニードル脱毛をおすすめします。3つ目はレーザー脱毛や光脱毛では反応させにくい埋没毛にも効果があります。埋没毛とはカミソリなどで処理した時に皮膚を削ってしまい、その皮膚が再生している時に毛が生え始め、皮膚の中に毛を巻き込んでしまい、埋没してしまうことで、カミソリや毛抜きでは処理できない毛の状態を言います。この埋没毛にもニードル脱毛だと効果を発揮することが可能になります。

続きを読む

ニードル脱毛のメカニズムについて調べました

ニードル脱毛とは毛穴一つ一つに直接電流を流すことで毛根を破壊し、毛を生えなくさせる脱毛方法です。確実に毛根を破壊することなので、今でも根強い人気がある脱毛方法で、現在ではほとんど取り扱っている脱毛サロンは少なくなりましたが、まだ現在も残っている脱毛方法の一つです。そんなニードル脱毛は毛穴に電流を流すので、レーザーや光脱毛と比べて痛みがかなり強く、照射されるたびにのけ反ってしまう、途中で痛みに耐えきれずに止めてしまう方もいます。レーザーや光脱毛は約2センチ間隔で万遍なく光エネルギーを照射することで、痛みを分散することができ、あまり痛みを感じずに慣れてくると、ついつい寝てしまうなんて方もいます。それに比べてニードル脱毛は毛穴に直接電流を流すので、どうしても強い痛みを与えてしまいます。強い痛みを感じるニードル脱毛には多少なりともリスクがあります。毛穴付近に何度も刺激を与えてしまうことより、毛穴まわりが黒ずんでしまう可能性も高くなります。そのため、ニードル脱毛をしている時に日焼けをしてしまうとさらにメラニンが生成されてしまい、黒ずんでしまうのでしっかり紫外線ケアを行いましょう。また、毛穴に刺激が生じることにより、毛包炎が起こることもあります。毛包炎とは傷ついた毛穴からブドウ球菌が入ることで発症する症状です。小さいものだと赤い斑点のようになり、悪化してしまうとぷくっと毛穴が腫れます。基本的には毛包炎になっても放っておけば自然と治りますが、症状がひどい場合は皮膚科に行って塗り薬を処方してもらう必要があります。さらにここから紫外線を浴びてしまうことで毛包炎だったところが黒ずんでしまう恐れがありますので軽視できない症状です。ニードル脱毛は脱毛効果は高いですが、デメリットも多い脱毛方法なのでしっかりと理解してから施術を受けるようにしましょう。

続きを読む

ニードル脱毛の料金について

ニードル脱毛とは毛穴に差し込んだ針から電流を流すことによって毛根を確実に破壊することができる脱毛方法です。料金はレーザーや光脱毛と比べかなり高額なのですが、なぜこんなにも料金が高いのでしょうか。例えば脇を施術した場合はレーザー脱毛や光脱毛は500円~2000円で施術することが可能ですが、ニードル脱毛の場合は20000円~50000円です。なぜこんなにもニードル脱毛の料金が高額なのかというと、ニードル脱毛の方法にあります。ニードル脱毛はそのため施術時間はレーザー脱毛や光脱毛に比べ長く、平均的な毛量だったとしても1時間~1時間半かかります。レーザーや光脱毛は10分ほどしかからないので、時間も料金が高くなっている理由の一つと言えます。ここまでくるとニードル脱毛のデメリットが目立ちますが、ニードル脱毛のメリットとしては日焼けをしていて肌の色が黒い人でも脇の黒ずみがひどい人でも脱毛することが可能です、レーザー脱毛の場合、黒い物に反応するので日焼けをしていたり、脇の黒ずみがひどい場合は施術することが出来ません。また、レーザー脱毛、光脱毛の場合約2センチ間隔ずつ照射していくので、確実に照射できるとは限りません。その点ニードル脱毛は毛穴に直接電流を流すので、確実に毛根を壊すことでまた毛が生えることはありません。確実に脱毛したいのであれば、ニードル脱毛をおすすめしますが、金額が高いだけではなく、かなりの痛みが生じます。脱毛 千葉で一度ニードルを受けた時も脇だけでも1時間ほどかかってしまったので、全身となるとかなり我慢しなければいけないデメリットがあります。ニードル脱毛は時間もかかってしまうのでその分スタッフがつきっきりになってしまうことと、毛穴一つ一つに電流を流していかなければいけない労力を考えるとなぜニードル脱毛がこんなにも高いが分かりますね。

続きを読む