ニードル脱毛のメカニズムについて調べました

ニードル脱毛とは毛穴一つ一つに直接電流を流すことで毛根を破壊し、毛を生えなくさせる脱毛方法です。確実に毛根を破壊することなので、今でも根強い人気がある脱毛方法で、現在ではほとんど取り扱っている脱毛サロンは少なくなりましたが、まだ現在も残っている脱毛方法の一つです。そんなニードル脱毛は毛穴に電流を流すので、レーザーや光脱毛と比べて痛みがかなり強く、照射されるたびにのけ反ってしまう、途中で痛みに耐えきれずに止めてしまう方もいます。レーザーや光脱毛は約2センチ間隔で万遍なく光エネルギーを照射することで、痛みを分散することができ、あまり痛みを感じずに慣れてくると、ついつい寝てしまうなんて方もいます。それに比べてニードル脱毛は毛穴に直接電流を流すので、どうしても強い痛みを与えてしまいます。強い痛みを感じるニードル脱毛には多少なりともリスクがあります。毛穴付近に何度も刺激を与えてしまうことより、毛穴まわりが黒ずんでしまう可能性も高くなります。そのため、ニードル脱毛をしている時に日焼けをしてしまうとさらにメラニンが生成されてしまい、黒ずんでしまうのでしっかり紫外線ケアを行いましょう。また、毛穴に刺激が生じることにより、毛包炎が起こることもあります。毛包炎とは傷ついた毛穴からブドウ球菌が入ることで発症する症状です。小さいものだと赤い斑点のようになり、悪化してしまうとぷくっと毛穴が腫れます。基本的には毛包炎になっても放っておけば自然と治りますが、症状がひどい場合は皮膚科に行って塗り薬を処方してもらう必要があります。さらにここから紫外線を浴びてしまうことで毛包炎だったところが黒ずんでしまう恐れがありますので軽視できない症状です。ニードル脱毛は脱毛効果は高いですが、デメリットも多い脱毛方法なのでしっかりと理解してから施術を受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>